X tech
Every denim
Kanzawa works
Surpass
unname
Wakrak

meetsnew

Website by Mitsugu Takahashi Copyright © meets new

Kanzawa works

Brand Strategy

刃物ブランド "FEDECA(フェデカ)"の海外展開をプロデュースしました。"FEDECA" は、老舗の刃物メーカー・神沢鉄工社が展開するブランドです。現代のライフスタイルに合うユニークなプロダクトを通して、「刃物のある素敵な暮らし」を提案しています。この度は、フランス・パリで開催される、世界最高峰のインテリアとデザインの見本市「メゾン・エ・オブジェ」への出展にともなう、全体のコミュニケーションを設計しました。空間デザインやコンテンツ制作など、幅広く手掛けています。

Video & Photos

「工場で生まれ、愛をそそがれ、生活に馴染んでいく。」このナイフキットが持つ、そんなストーリーを写真と映像で表現しました。刃物工場の製造工程や、キッチンでの料理風景など、ナイフにまつわるあらゆるシーンを、手ざわり感を大切に切り取っています。また、展示会場では、「ながら歩き」をする人が多くいます。そのため、映像制作の際には、シーンが細かく切り替わる演出を加え、「どの瞬間を見ても、つい立ち止まってしまう」強い画づくりを意識しました。

Space Produce

コンセプト "Customize us to be your best fit." に基づき、出展ブースには、木のぬくもりが溢れるカウンターキッチンを、まるごと再現しました。自分好みに仕上げたオリジナルナイフが、手のひらだけでなく、生活にも馴染む様子を伝えるべく、神沢鉄工社のみなさまと考えたアイデアです。"愛着あるナイフと暮らす" あたたかいライフスタイルの提案、そして、つくり手と顧客の対話のしやすさを、ひとつの空間で両立させました。

Concept Making

「メゾン・エ・オブジェ」への出展コンセプトは、"Customize us to be your best fit."。こちらは、今回のメインプロダクトである、ナイフキット「It’s my knife.」から着想を得ました。ナイフの持ち手を自由に削り、自分好みのオリジナルナイフをつくれるキットです。海外の方にも、親しみやすく明るい印象を抱いてもらえるよう、商品が自ら人々に語りかけるようなコンセプトメッセージにしています。