X tech
Every denim
Kanzawa works
Surpass
unname
Wakrak

meetsnew

Website by Mitsugu Takahashi Copyright © meets new

unname

CI Design

株式会社unname (2019年設立)の、創業にともなうCIデザインを手掛けました。unname社は、世の中に「没頭の仕組みを生み出す」ことで、人生のピークを更新できるようなサービス、体験、言葉、感情、現象をつくっていく企業です。起業の前段階から関わり、創業者の熱い想いを、社名やCIに落とし込みました。"unname"という社名には、「まだ名前のない感情や現象に名前を付け、意味づけしていく集団」という意図が込められています。

Mission

「常にアップデートをつづけ、今の自分、世界、そして限界を越えていく。」
そんな"没頭"した先にある、「まだ見ぬ自分 (≒unnameな存在) に出会う」体験を、多くのひとにしてもらいたい、という想いをミッションに落とし込みました。

VISION

ミッションである"Update your peak."を実現するためには、まず何をすべきか。そう考えた末にたどり着いたのが、このビジョンです。「"没頭"とは、自分の幸せを再定義することだ。」と考えるunname社。"没頭"という仕組みをつくり広めることは、自分の幸せを見つめ直し、それが実現するきっかけを与えることでもあります。そしてそれは次第に、豊かな世界へとつながっていくはずです。これから一歩を踏み出そうとするunname社の気概あふれるビジョンとなりました。

Value

unname社が考える、「"没頭"を生み出す心構え」をバリューとして制定しました。創業者 宮脇さまとの対話の中で見つけたキーワードや、大切にしている価値観を掛け合わせ、言語化したものです。バリューは、メンバーを鼓舞する指針であり、自戒のような役割を持ち合わせます。そのため、この3つの心構えを掲げ、「unname社のメンバー自身も、没頭することを忘れずにいこう」というメッセージを込めました。

Logo

ロゴ全体のテーマは、「あえて」。unname社が、"没頭"によってつくりだす未来への期待感を表現しています。

あえて、空欄。
unname社のネーミング・コンセプトである「まだ名前のない感情や現象に名前をつけ、意味づけしていく集団」を、あえての「空欄」をモチーフにデザインしています。これからその現象にどんな名前をつけていくのか、というunname社への期待感も表しました。

あえて、カンマ。
「没頭の仕組みを生み出すことによって、人生のピークを更新し続ける」という、ミッション・ビジョンのメッセージから、空欄の後ろにはピリオドではなく、あえて「カンマ」を打ちました。"没頭"という行為、そしてそれによる人生のピークの更新が、「終わりなく、続いていく」というイメージを表現しています。

Typography

Bahnschriftを採用しました。無駄のない、クールな雰囲気と、やわらかい丸みを兼ね備えたフォントです。"没頭"する人の姿と、そこから生まれる幸せをイメージしました。

Name card

「どんな立場の人にも分かりやすく、親しみをもってもらえる名刺」というオーダーをもとに制作しました。表面は、ロゴと文字を大きめに配置。そして裏面は、unname社のミッションとともに、それをビジュアル化した「終わりなき山頂」をデザインしました。